目元ケアに大事な成分はこちら!

アイキララが目元の弾力を再生してくれるそのパワーの源は、配合されている成分にヒミツがありました。

 

 

「アイキララ」の主成分となっているのが、コメヌカ油やグリセリンといった高保湿成分です。

 

目元の弾力を取り戻すためには、保湿をすることが基本中の基本。

 

コメヌカ油は肌になじみがよくて負担にならず、ふっくらとした目元にしていってくれます。

 

グリセリンは化粧品全体の肌への浸透を良くするための成分で、手作り化粧品を作るときにも使うくらい、肌への負担が少なくて安全な成分です。

 

 

また、

 

・カニナバラ果実油
・アボカド油
・ヒマワリ種子油

 

といった植物由来の天然オイルが配合されており、これによってビタミン類や肌に良い脂肪酸を取り入れることができます。

 

オイルというと、ただ単に肌の表面を覆って水分を逃がさないようにするだけに思えますが、これらの植物オイルには栄養素がたっぷりと含まれているので、保湿するだけでなく肌に必要な栄養素をしっかりと補給できるんです。

 

特に、カニナバラ種子油は、ローズヒップティーなどの原料となる、ビタミンCがたっぷりと含まれた野ばら由来のオイル。

 

ビタミンCはコラーゲンを活性化させたり、細胞の老化を防ぐために必要不可欠な栄養素なので、しっかりと目元に与えてあげましょう。

 

 

さらに、もっと効率よくビタミンCを補うための“MGA”という成分も配合されています。

 

MGAはビタミンC誘導体の一種であり、こちらも、肌の内側でコラーゲンを活性化させるなど、重要なはたらきを持っています。

 

 

コラーゲンを肌に塗るのではなく、植物オイルやMGAの力で、肌の内側からコラーゲンを再生するというのが、「アイキララ」の目元ケアのポイント。

 

元々薄くてデリケートな目元の皮膚に余計な負担をかけることなく、内側からハリや弾力を取り戻すことで、くすみやクマ、乾燥によるたるみやシワを改善してくのが狙いなんです。

 

肌馴染みの良い保湿成分ばかりなので、べたつかないのもポイント。

 

これまでの外側から保湿するだけのアイケアとは一味違う「アイキララ」の目元ケアで、理想のスッキリとした若々しい目元を目指していきましょう!

 

⇒アイキララの公式サイトはこちら

関連ページ

アイキララの副作用が心配!目元に使っても安心?
アイキララを使って副作用があったという報告はあるのでしょうか?またアイキララの副作用が起こる確率などお伝えしています。
効果的な使い方をマスター!ふっくら目元の作り方
アイキララでより効果的にケアをするための使い方や、アイキララの使い方の注意点をご紹介しています。