ふっくら目元を作るなら使い方をマスターしてより効果的に!

アイキララを使って目元の悩みを効果的に解決していくなら、使い方をマスターするのが近道です。

 

「アイキララ」の正しい使い方をまとめていきたいと思います。

 

 

「アイキララ」は洗顔後の清潔な肌に使います。

 

メイク汚れが目元に残っていないかを確認し、まずは化粧水で肌を整えておきます。

 

この時、既に目元を強く擦ってしまわないように、気を付けながら行います。

 

コットンを使う場合でも、手のひらで馴染ませるときでも同様です。

 

しっかりと潤いが行き届いたら、「アイキララ」の容器を1プッシュ!

 

これが1回に使う左右両方の適量です。

 

 

1プッシュ分を両目の下に、トントンと馴染ませていきます。

 

マッサージ効果があるからといって強く押したり、擦ったりするのはNG。

 

目元のデリケートな肌が傷んでしまいます。

 

あくまでも優しい力で行って、その後指の腹を使って目元全体に伸ばしていきます。

 

べたつかず伸びやすいので力を入れる必要はありません。

 

指先ではなくて、指の腹で優しくなじませるのがポイントとなります。

 

 

馴染んで来たら、目元全体を手のひらで覆うようにしてハンドプレスします。

 

こうすることによって手のひらの温度で目元が温かくなり、浸透力がより高まっていきます。

 

そして、乳液やクリームで肌全体の保湿をしたら「アイキララ」を含めたスキンケアの完了です。

 

オールインワンコスメでスキンケアを行っているという場合には、「アイキララ」を後から使います。

 

美容液の立場で使えばOKです。

 

 

この時、容器の先端が目に入らないように、また指先で強い力を入れないように注意しておきましょう。

 

また、目に入った時にはすぐに洗い流すようにします。

 

 

「アイキララ」の効果を高めるためには、化粧水や乳液でのスキンケアも肝心です。

 

量をケチらないようにしてたっぷりと使い、肌の土台をしっかりと整えておきましょう。

 

 

ポイントは、

 

・擦らない
・力を入れない
・土台をしっかり作ること

 

です。

 

コツをつかんでより効果的に、目元のケアを進めていってくださいね。

 

⇒アイキララの公式サイトはこちら

関連ページ

目元ケアの重要な成分がこちら!
アイキララの配合成分や、アイキララに含まれる成分の安全性について調べてみました。
アイキララの副作用が心配!目元に使っても安心?
アイキララを使って副作用があったという報告はあるのでしょうか?またアイキララの副作用が起こる確率などお伝えしています。